JAMDAブログ

アーカイブ「2010年01月」

2010年01月14日

[  第38回 JAMUDA 海外視察団<London>研修レポート  ]

ロンドンの街並み(Photo)今回12/09~13にかけてjamda海視察団ロンドン研修に参加させて頂きました。

研修では、10日に郊外にあるBLUE WATER S.Cと市内近郊のWEST FIELD S.Cを視察し、11日の自由研修をはさんで、12日には大英博物館と都市開発地域を巡りました。

この研修は、私にとって初めてのロンドン(ヨーロッパ)だったのですが、ロンドンはおろかヨーロッパという所は、私たちにとって地理的にも感覚的にも遠い印象があり、結局のところ直に見定めなければ分からないといった気持ちで参加者の皆さんも発たれたかと思います。


若手デザイナーの私としては異なる文化や民族性の違い=スタンダードの違いを浅くともなるだけ広く多角的に体験することを主眼に置いて視察に臨んだのですが、研修を通じ想像以上にたくさんの事を体験し感じて、とても良い旅ができたと満足しています。

ロンドンの街並み(Photo)ロンドンという街は一言でいえば街全体が歴史博物館のようなところでした。

歴史的建造物の法律による保存と利用における街づくりは、住宅から商店にいたるまでのそのほとんどが何百年も以前からの建物が使用されています。
豪奢な装飾建築と街のそこかしこに現れる彫刻とが私たちの期待をはるかに超えていて圧倒されました。

続きを読む "第38回 JAMUDA 海外視察団<London>研修レポート"

投稿日時:2010-01-14 ≫ 記事詳細

[  第38回JAMDA海外視察イギリスロンドンレポート  ]

イギリスは今回初めて訪れる国で、デザインや経済の中でも先端を行く国への視察は大変興味深いものでした。

【 12/9(水) 】

国際線利用者数世界一の「ヒースロー空港」に到着。空港は特別活気がある訳でもありませんでしたが、天井を間接照明でダイナミックな紫色で演出する色彩感覚が印象的でした。

この時期のイギリスは日の出が8時前で日没が16時前と日照時間が短ため、ホテルに到着した17時頃はすっかり暗くなっていました。ホテルは100年~200年程前からの建物が現存しているHigh street Kensington地域に位置していました。 安価な建材でバラバラな街並みとなっている日本とは違い、レンガ調で統一され同じ程度のエイジングが掛かっている力強い街並みを形成していました。

ホテルでの夕食後周辺を散策しましたが、街灯やネオンが少ない暗い街並にクリスマス装飾で映え幻想的な風景となっていました。やはり、日本の商業ベースから発生したクリスマスと違い宗教行事のイギリスとでは装飾の取り組み方にも相違を感じました。


【 12/10(木) 】


午前中「BLUE WATER SC」視察を行いました。環境保全をテーマにしている事から地場材のチョークを使用した外壁や共通空間と特色ある環境でしたが、テナント自体は他商業施設と代わり映えを感じられませんでした。
イギリスではクリスマスに平均5個プレゼントをする風習がある為か平日にも関わらず客入りが多く活気あるものでした。


午後には「WEST FIELD」を視察しました。
ロンドン中心部の近くにあるSCと言う事もありハイブランドも入店していましたが、世界不況の影響か人もまばらで、日本同様ファストファッションが旋風しているように感じられました。


続きを読む "第38回JAMDA海外視察イギリスロンドンレポート"

投稿日時:2010-01-14 ≫ 記事詳細

[  第38回 海外研修ツアー 視察レポート  ]

日程:12月9日~12月13日

【 1 ブルーウォーターSC・・・「環境保全」をテーマに建設された商業施設  】

エントランスがガラス張りで周辺が池で囲まれている環境で、明るいイメージでファミリーが終日過ごせる場所。
概観含め人目で環境に取り組んだ施設だと実感。
20年経っても現在の施設と引けを取らない概観です。

店内は天井が高く、外からの空気を取り入れ換気調整。
外光が店内まで入り、通路全体を明るくして開放感があり、買い回りしやすい導線計画になっている。

続きを読む "第38回 海外研修ツアー 視察レポート"

投稿日時:2010-01-14 ≫ 記事詳細